伊藤道場 活動アルバム 伊藤道場

伊藤道場杯

第16回大会参加者からのメッセージ

福島県 修真会
酒井 修司

 私達、川俣町剣道スポーツ少年団修真会は創立48年目「残心」を旗印に礼儀作法、基本稽古、心身鍛錬を中心に活動しています。本年度は幼稚園生1名、小学生2年生〜6年生6名、中学生1名、指導者6名で週4回川俣町体育館道場、町警察署各団体に行って一生懸命稽古に励んでいます。
 又ボランティア活動川俣町環境美化清掃等、県から防犯団体賞を10月受賞しました。本当に少ない人数でよく頑張っています。
 今年も伊藤道場杯剣道大会に参加出来る事を楽しみにしております。
 今日は本年度最後の試合なので今まで習った事を精一杯大きな声を出して試合をしてもらいたいと思います。初戦突破を目標に頑張ります。

宮城県 あぶくま剣友会
酒井 俊治

 あぶくま剣友会は、今年で10年目を迎えまだまだ歴史の浅い会です。6年生2名・低学生4名・中学生4名と少ない会員ではありますが、一人ひとり一生懸命大きな目標に向かい頑張っています。
 久しぶりの伊藤道場杯剣道大会参加となりますが、勝ちにこだわり頑張りたいと思います。

加美北雄舘 舘長
味上庄一郎

 私たちの加美北雄舘は、本大会2回目の出場です。他県での試合経験は子供たちにとって技は勿論、心と体も成長できるチャンスだと信じています。
 道場の団旗に掲げる 故 楢崎正彦範士書「寂然不動」と、名誉師範である 故 宮澤保行範士の教えである「照千一隅」の精神で、子どもたちの抜群なチームワークと日頃の稽古の成果が発揮できるよう、保護者とともに指導者もサポートしながら頑張ります。

大玉剣友会 代表指導者
遠藤  聡

 福島県大玉村というところで活動しています。「いどむ」をモットーに小・中学生、OB・OG、指導者がそれぞれの目標に向かって日々稽古にとりくんでいます。この大会には現在の指導者も出場したことがある思い出の大会です。
 今回出場する選手たちにも大人になってからも忘れられない大会になってほしいと思っています。いい試合ができるよう頑張ります!

埼玉県 松井剣志会
関寺家族・平岡家族

 今回、初めて参加させていただきます。家族でチームを組み、剣道ができることを楽しみにしております。力を合わせ、思い出に残る大会になるよう頑張ります!

山形県
西郷剣道スポーツ少年団
工藤 一男

 第16回伊藤道場杯剣道大会おめでとうございます。第1回大会から参加させていただき、他県の強豪チームと交流できることを楽しみにしています。
 地域のスポ少で団員も少ないのですが一流の剣道を見せていただく良い機会でもあります。今回も思い出に残る大会になることを願っています。

福島県 振武館
大室 一哉

 振武館は団創立以来、毎年1月1日元旦に初稽古をしています。稽古前に1年間、怪我等無いよう、そして数多く勝利できるよう、神社で新年のご祈祷をして頂いています。
そして、この大会もその目標の一つです。1試合でも多く勝てるよう頑張ります。

福島県
広野町剣道スポーツ少年団
根本 敏法

 3年ぶりの参加となります。人口5000人にも満たない小さな町の剣道団です。東日本大震災以降、避難を余儀なくされ不自由な活動をしております。現在は帰還が可能となりましたが、、まだまだ震災前と同じ生活には至っておりません。
 そんな中、今年度、広野中学校が女子団体で全中出場を果たしました。子供たちの頑張りが町民に元気を与えることを信じて頑張っています。このメンバーで今年度最後の対外試合を楽しみたいと思います。

新庄地区柔剣道練成会
主将
盪魁ー人

 ぼく達6年生は、この大会がスポ小最後の試合になります。仲間と出来る最後の試合を絶対に悔いの残らないように、そして6年生は中学校の部活動につながる試合に、5年生以下は新たなチーム作りの土台にしてほしいと思います。

愛知県 桜武館
保護者代表

 桜丘中学校剣道部を母体とし、地域の中学生が剣道を通して1つでも多くの経験をできるようにと活動しています。本大会へ参加ができなかった期間も変わらずご案内をいただき、3年前に再び参加させていただく運びとなりました。
 参加させていただけることを感謝すると共に、このご縁を大切にしていきたいと思っております。当日は精一杯、日頃の成果を発揮したいと思います。

福島県
本宮剣道スポーツ少年団
伊藤 克之

 福島県の本宮市から参加している本宮剣道スポーツ少年団です。私たちは「剣は心なり」の言葉のもと、週に3日基本を中心に厳しい稽古に励んでいます。毎年この大会に参加させていただいていますが、みなさんの温かい心づくしにいつも感謝しています。低学年の子供が多いスポーツ少年団ですが、出場選手全員が1年間の稽古の成果をだして勝利を目指して頑張ります。

福島県いわき市
高久剣友会
鈴木 博士

 2年ぶりに親子日本一剣道大会に参加させていただきます。息子も6年生になり、小学生の部においては最後の出場になります。と、同時に大将の部では最年長…?とビビッております。
 親子共々、楽しみに参加させていただきます。本大会の益々の発展を心からお祈り申し上げます。


第16回大会参加者の皆さん