伊藤道場 スタッフ紹介 伊藤道場

伊藤 勇「県警察職員としての顔」


庄内の脱線・転覆事故で、庄内警察署長として指揮を取った。

庄内町JR羽越本線 脱線・転覆事故の記録
  01 02 03 04 04
 

05

06

07

08

04


突発重大事案発生時において現場指揮官として配意したこと

庄内警察署長 伊藤 勇


特に配意した10項目は次のとおりです。

  1. 状況を素早く把握するために直接現場を確認して必要な応援要請を行った。
  2. その際、制服をわざわざ私服に着替えて急行した。
  3. 既存のマニュアルで完全に対応できる事案はない。
    常に、さらに何が必要か考え続けた。
  4. 全体が見えなくなるので特定の業務の渦中に入らないようにした。
  5. 応援部隊はなるべく自給自足体制をお願いした。
    一方、県外部隊には、特に受援体制を強化した。
  6. 関係機関との連絡・調整・協力関係づくりは、それぞれの段階(現場、指揮官同士、本部)で実施するように努めた。
  7. 初動段階ではなるべく多くの手が必要であり、かつ積極的に指揮下に入っていただくように依頼した。
  8. 活動期だけでなく、一段落した時に健康管理に特に配意した。
  9. PTSD対策は部内にも怠りないようにした。
  10. 常に、被害者の立場を考えて行動した。